新卒よりも既卒の就職活動の方が内定が貰いやすいのか

aaa25dd362a968aead083b327fbed22b_s

新卒の就職活動では内定が貰えなかったのに、既卒の就職活動を始めたら、すぐに内定が貰えたという方は結構いらっしゃいます。

理由は、いくつか挙げられますが、一番の理由は視野を広げた事と、自分一人で頑張らないようになったことだと思います。

既卒になって最初にするべき事

新卒で内定が貰えずに、既卒として活動する方が、そのまま新卒と同じように活動しようと思う方は少ないと思います。

やはり、新卒の就職活動から何かを変えなければ就職できないと思うはずです。

そうすると、自ずとい今までリクナビやマイナビといった新卒の方愛用の就職サイト以外にも目が向くようになりますし、今まで知らなかった就職支援サービス等も知るようになります。

また、既卒の就職活動は一人で続けるのは非常に精神的に辛いです。

そのため、キャリアコンサルタントに協力して貰える、紹介会社が提供する就職支援サービス等も積極的に利用すると内定までの道のりが早くなります。

就職サイト・紹介会社共に、既卒・第二新卒をターゲットにした求人だけを取り扱っている企業も探せば多くあります。

上手く利用できれば、新卒よりも負担なく就職活動ができると思います。

オススメの第二新卒をターゲットにした紹介会社第二新卒向け就職支援サイト「いい就職.com」

競争率の高い求人ばかりでない

極端な話を言えば、新卒の方の視野は狭いです。そのため、前述したように一部の大手の就職サイトが扱っている求人以外の求人は知らないことが多いです。

また、企業側も採用のコストを掛けないために、競争率が極端に上がらなうように、特定の就職サイト、または紹介会社を利用して非公開求人にしている事もあります。

他にも、内定を蹴られる可能性を持つ新卒よりも、必死に就職活動をしている既卒の方を積極的に採用している企業も存在しています。このような企業の場合は、既卒になった原因や、将来の仕事に対する目標、志望動機を固めて置けば、足切りなどされることなく、スムーズに内定が出されることもあります。

個人的に既卒の就職活動で一番良いと感じたのは、足切りのようの面接が少ないことです。

特に既卒をターゲットにしている企業などは、筆記による足切りはあっても、面接に対しては時間を十分かけてくれますし、新卒時の時にされる奇天烈な質問も一切なく、純粋に志望動機や、将来の夢、仕事に対する気持ちなどを聞いてくれます。

また、時間による縛りも弱いので、余裕があればお互いを理解しながら面接ができているといった気持ちにもなれます。

既卒の就職活動の方法は、人によって様々ですが、新卒時と違って視野を広げて、今まで向かい合わなかった求人に気づけれると非常にスムーズに進みます。また、面接のミスなどにもしっかりと向き合うために、紹介会社等を利用して面接の練習も徹底すると良いでしょう。

⇒オススメの20代転職サイト一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加