新卒の就職活動で一度落ちた企業に再度応募して良いのか

3月頃に求人の応募を受け付け始めて、夏前に内定を出し後に、再度秋頃から募集をする企業は少なからずあります。

再募集の理由としては、内定辞退者が予想よりも多かった…と言うケースが一般的ですが、2度に分けることで、自社の求人に気づけなかったり、他の選考と被って受けられなかった学生のために機会を設けている事もあります。

しかし、どちらの理由の場合でも、採用人数は1回目よりも少ない事が多いです。

そして、学生の中には、一度落ちた企業の求人に再度応募しても良いのか…と疑問に思う人もいらっしゃると思います。

不採用になった企業にもう1回応募しても良いのか

応募条件に「既に選考を1度受けた人はご遠慮ください」といったニュアンスの言葉記載されていないのでしたら、基本的に応募することは可能ですが、採用される可能性は低いと思った方が良いです。

基本的に1年を通して同じ人事が新卒の採用を担当している事が多いので、応募書類の段階ではじかれる可能性が高いです。

もちろん、人事の担当といっても複数人いるので、リストなどを作られていなければ気づかれない可能性もあります。

ただ、それなりに選考が進んで落とされているのでしたら、気づかれる可能性は高いです。

何度も受ければ熱意が伝わる…と述べる人もいらっしゃいますが、大手企業はマニュアルによって選考をしている事が多いので、再応募を熱意と評価することは少ないと思います。

また、1次面接を担当するような面接官は、役職が低い人が多いので、一度落ちた人を選考に進ませて、後で上司から叱れるリスクを考慮すると、余程高評価を与えないと落とされる事が多いと言えます。

中小企業に関しては、企業によって考え方が全く違うので何とも言えませんが、それでも再応募をプラスに評価する企業は少ないのではと思います。

企業側からしたら、一度落とした人を再度面接したいか…と言われると何とも言えません。質問に対する答えなどが変わっていたら、むしろ不信感しか与えませんし、スラスラと述べるようになっていら「練習してきたのか」と思われる可能性もあります。

もちろん、前述したように企業によって考え方は全く違いますし、面接官が覚えている可能性も何とも言えません。

そもそも、応募しないと採用されないので、選考に挑戦すること自体は無駄ではありません。

ただ、一般的に採用される可能性は低いので、他の企業の選考を受けた方が効率が良い…と考える人の多いかもしれません。

知っている面接官だと気まずい

私自身は、一度落とされた求人に応募したがあります。

説明会からのスタートでしたが、説明会の内容は同じですし、担当スタッフも同じ人…顔を覚えられている気がして非常に気まずかった思い出がありますが(笑)

結局選考に進むことはできなかったので、時間を無駄にした…という結果で終わりました。

大量採用しているような企業で、説明会にも百人規模で学生が押し寄せる企業でしたら、私のように気まずい思いをせずに済むかもしれませんが、十数人規模ですと顔を覚えれていて妙な視線を受けている…と思い込んでしまう可能性は十分あります。

ただ、それでも受ける覚悟があるのでしたら、前回の面接の失敗を就職課のスタッフなどとしっかりと話し合って対策し、心を強く持って挑戦するようにしてください。

そして、説明会にいっても書類審査の段階で落とされても引きずらないようにしましょう。

⇒新卒の就職活動にオススメのサービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加