プライドが高いと就職活動は苦労する

3c8d147312ada2a220e1a3f1dca17127_s

新卒の方で多いのが、大手の企業だけに固執してしまうことです。

特に、メディアなどで雇用情勢が回復した、失業者の数が減少した、大学生の内定率が回復したと聞くと、今なら一度は聞いた事のあるような大手の企業にも簡単に入社できるのではないかと大なり小なり期待する方が多いです。

挑戦する事自体は全く悪くありません。

求人に応募しなければ、そもそも採用される可能性自体が0になってしまいます。

ただ、大手企業は雇用情勢が良かろうが、悪かろうが人気のある企業である事は変わりません。また、皆さんの大好きな安定している企業は、ある程度の好景気・不況で採用人数を増減させることもありません。雇用情勢が回復した、失業者の数が減少したといった原因の多くは、中小企業の経営が回復したことで求人数が増えたことが起因しています。

そのため、楽観的に大手企業に簡単に採用されるとは間違っても思わないようにしましょう。

プライドが高いと視野が狭くなる

問題なのは、大手の企業だけに応募することです。

特に、ある程度の偏差値の高い有名大学の方に多いです。

どんな企業でも受けるべきとは言いませんが、過度にプライドが高くなって、大手以外の企業に応募しないと、気が付いたら応募できる求人や進んでいる選考がない…といった状況になります。

また、大手の企業の採用活動が活発な時と同時並行して、大手とは行かなくても、それなりに知られている中小企業や、ニッチな分野で有名な優良企業も採用活動をしている可能性も高いです。

競争率の高い大手企業だけに注目していると、そのような中小企業の優良企業を見落としてしまうリスクが高いです。

視野を広くするには

視野を広くするといっても、何でもかんでも求人に応募していては時間効率が悪いです。

そのため、就職活動を本格的に始める前に、一度徹底して自己分析を行うようにしましょう。

どのような仕事をして行きたいか自分自身に問いかけた上で、必要な条件を書き出していきましょう。この時に、条件を絞り過ぎてしまうと結局視野が狭くなってしまいます。そうならないようにするためにも、条件を書きだしたら、達成できる仕事を大学の就職課や、紹介会社のキャリアコンサルタント等に相談しましょう。

仕事の数は、学生として過ごしている方には想像できない程に膨大です。そのため、あなたの希望に合う仕事を、あなただけで調べ合えるのは非常に難しいです。

そして、何度も言うように大手だけに目を捕らわれずに、中小企業の求人までターゲットにして就職活動をするようにしましょう。

焦り始めたら手遅れなことも

大手の企業が全滅して、改めて中小企業を含めて求人を調べると、魅力的な求人があったことに気づく事が多いです。そして、気が付いたときは既に最小活動を終了させていることも往々にあります。

視野が狭くなっていると、気が付かない内にチャンスを逃している事が多いです。

あなたも、そのような後悔を味わないようにするためにも、下手なプライドを持たずに、視野を広く、選択肢を複数持った就職活動をするようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加