20代の転職が将来を決めることもある

569871

20代の仕事は、下積みをして行く時期と言われる事が多いです。これは私自身もその通りだと思います。そして、30代以降は20代で学んだ事を基盤にして、より責任があり、企業のプロジェクトを動かしていく仕事に従事するようになって行きます。

そのため、20代でどのような事を学び、経験して行くかは非常に大切になります。

それこそ、あなたの将来の選べるキャリアプランが大きく変わるとも言えます。

20代の早期退職は正しい選択か間違った選択か

ea38f20a57a623e9323df706063cf34a_s

20代の早期退職と転職がメディアで取り上げられて批判される事が多いですが、1人1人将来に対する考えや職場環境が異なる事から、一概に正しい選択とも間違った選択とも言う事はできません。

というよりも、転職または退職して企業するなどの選択に正解も間違いもありません。

あるのは、後悔するか否と言えます。

正確には、後悔の差と言えます。転職するか否か、どちらが将来的に後悔するか比較することになります。

何度も言いますが、20代の時間は仕事の基礎を学ぶ時期と言われていますし、失敗を繰り返して学んでいく時期でもあります。その経験が将来の礎となって行きます。

そのため、自分の将来の目標や夢を叶える上で役に立たない、または非効率な職場でしたら早期に転職した方が良いと言えます。

もちろん、退職して転職先が見つからないといったリスクや、転職先がブラック企業だというリスクも少なからずありますが、慎重に情報収集をしながら転職活動を進めればリスクを抑えることはできます。また、リスクを恐れ過ぎたら動き出せないのも確かです。

ただ、今の職場でも将来のために学べるものや、貴重な経験も少なからずあるはずです。

そのため、早期に転職をするか、学べるものは学んで転職するかは、あなた自身で天秤に掛けた上で決断する必要があります。

個人的には、職場環境自体に問題がないのでしたら、働きなら転職先を見つけた上で退職する方法が一番リスクが少ないです。20代の転職は間違った選択しではありませんが、衝動的な行動はしないようにしましょう。

ブラック企業からの転職

ブラック企業の基準は、人それぞれ異なります。ブラックな業界でしたら、事前に情報も収集することはできますし、将来的に独立を考えていて避けて通れない道でしたら、経験を積むためと割り切る事も大切になります。

ただ、仕事をする中で体を壊してしまったり、鬱になってしまったら意味がないのも確かです。

そのため、他の求人等も確認したり、紹介会社の就職支援サービスを利用して、今の職場の客観的な評価を確認するのも大切です。

もっと働きやすい環境で、自分のやいたい仕事があるので転職を考えた方が、健康面を考えても良いと言えます。

個人的には、明らかに違法な長時間労働を強制したり、イジメやパワハラがある職場でしたら、耐えるよりも迅速に転職する事をオススメします。

何度も言うように、体を壊してしまっては意味がありません。

周りの言葉や意見は、所詮あなた自身の将来に対しては責任を負ってくれない事が殆どです。

あなた自身が逃げ出さなとマズイと感じたのでしたら、周りの事なんて考えずに『逃げる』を選択するのも社会で生きて行く上で大切な事です。

20代が挑戦できる最後の期間

20代の転職もリスクはありますが、それでも30代以降の転職よりも転職のリスクは少ないです。30代以降になると、今までの経験が活かせない仕事に転職するのは非常にリスクが高いです。給料が大幅に下がるので、家庭を持っている方は特に難しいですし、20代よりも体力は確実に落ち、仕事の吸収にも時間が掛かります。

そのため、リスクを恐れずに転職できるのは20代の時期だけだと思った方が良いです。

⇒20代の転職にオススメの紹介会社・転職サイト

時間は思ったよりも早く過ぎて行く

社会人になった後の時間の過ぎる速度はあっという間です。

将来の事を何も考えずに、与えらた仕事を黙々とこなしていると、すぐに30代です。そのため、一度立ち止まって将来の事はを考える事は考えるのは、当然の行為とも言えます。

年配者の中には、一つの仕事を続けてキャリアを積んでいくのが成功の近道と言う方もいれば、目標を持って転職を繰り返して成長していく事が一番の近道と述べる方もいらっしゃいます。

個人的には、前者の場合は終身雇用が前提だった時期がの年代に言葉になります。逆に、後者の場合は、今の30代で成功している方が述べる言葉になります。

一概にどちらが絶対に正しいとは言えません。

今の日本を考えると一つの企業に定年まで働く考えはリスクが高いのも確かです。

ただ、その企業で仮に企業が倒産したら解雇されても転職に困らない経験を積めるという確証があるのでしたら、働き続ける価値は十分あります。逆に、上司に気に入られるために、指示通りに従うだけの日々で、何も積み上げられないと、いざ職を失ったら行き場を失う可能性があります。

転職も同様です。何も考えずに、青い鳥症候群のように、何となく転職を繰り返していると何も学ぶ事も積み上げる事も出来ずに行き場を失います。

そうならないためにも、将来の事を考えた上で、あなたの経験したい仕事ができる企業に転職できるか考えましょう。

そして、そのキャリアプランがあるのでしたら、今の職場を早期に転職する事は何も問題ないと言えます。

新卒の就職活動で理想通りの企業に入社するのは難しい

fc8bc498029a8eaaabdcdf7a1c4d5736_s

「転職なんてするなら何で今の企業に就職したんだ」と述べる方もいらっしゃいますが、どんなに慎重に転職しても、必ずしも上手く行く事はありません。

また、具体的に経験した仕事が明確になっており、実績を残したらキャリアアップのために転職を前提にしている方もいらっしゃいますし、企業も社員の独立や転職を前提にしている企業も増えています。

そして、新卒の方の場合は、そもそも社会人経験のないので、仕事がどのようなものかも知りません。

仮に将来のキャリアプランを考えていても、仕事の経験がないのですから、想定外の事なんていくらでもあります。

そのような職場で耐えながら経験を積んだ上で転職するのも一つの手段です。そして、情報収集を徹底することで、今度本当にやりたい仕事に第二新卒として転職するのも一つの手段です。

最初にも述べましたが、後は自己責任で天秤にかけて決断する以外方法はありません。

周りの意見も貴重ですが、絶対に正しい選択も、間違った選択もありません。

それよりも、後悔の少ない選択を取るようにしましょう。

ただ注意して欲しいのは、衝動的な行動は慎みましょう。情報収集をして、じっくりと考え抜く事を忘れないでくださいね。

⇒20代の転職にオススメの紹介会社・転職サイト

※今の職場で働き続けるか悩んでいるのでしたら、他の企業と比較してみる事は有効な解決策になります。そのため、実際に転職するかは別としても、自己分析と転職活動は働きながらでも始めるべきです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加