既卒の就職活動で相談できる相手はいますか?

syukatsu_naitei_no_woman

既卒の就職活動は、孤独になりやすいです。

大学を卒業しても、大学の就職課に通う事ができる場合もありますが、なかなか在学生と一緒に利用するのは勇気がいりますし、そもそも卒業したら利用できない場合の方が多いです。

そのため、既卒の就職活動は一人孤独に挑む方が多いです。

そして、既卒の就職活動が上手く行かない方の多くは、1人による就職活動に固執して、情報収集や求人情報を知る媒体が少ない方が多いですし、面接の練習などもできないので選考で落とされやすくなってしまいます。

既卒の方を対象にした無料のセミナーなども数多くあるので、もし1人による既卒の就職活動が上手く行かないのでしたら、一度利用できるサービスを上手く使える事を考えてみると良いと思います。

ハローワークのセミナー

733327059337db7ef9110bfae47e8c1a_s

個人的にハローワークの求人はオススメしませんが、無料で面接の練習などができるセミナーを定期的に開いてくれます。

同じ境遇の方もいらっしゃるので、情報交換や悩みの相談等もしやすいです。

もし近くにハローワークがあるのでしたら、一度足を運んでみるとのも一つの手段です。

求人の方は、メインの媒体として利用するのはオススメしませんが、応募したいと思える求人があるのでしたら積極的に応募してみても良いと思います。

紹介会社の無料就職支援サービスを利用する

既卒・第二新卒といった20代の大学を卒業した方を対象にした就職支援サービスを提供する紹介会社を利用するのも一つの手段です。

既卒・第二新卒・フリーターの方を積極的に採用している求人以外取り扱っていないので、他の求人サイトを利用するよりも効率的に就職活動をすることが出来ます。

ただ、多くの紹介会社の無料就職支援サービスを利用するには、最初に紹介会社のキャリアコンサルタントと面談する必要があります。

手間が掛かる反面としては、キャリアコンサルタントと就職活動に対する相談ができますし、希望条件に合った求人を代わりに探してくれるので効率よく就職活動ができます。

また、応募書類の添削から面接の練習まで徹底的に付き合ってくれる紹介会社もあるので、あなたが選考で落とされる理由なども指摘してくれますし、改善することもできます。

一人の就職活動に悩んでいる方には、相談相手にもなってくれるので上手に活用するようにしましょう。

⇒オススメの転職サイト・紹介会社一覧

既卒の就職活動は新卒の就職活動と違う

既卒の就職活動を新卒の就職活動の延長と思って活動すると、上手く行かない事が多いです。

理由の一つとしては、新卒専用の就職サイトを利用しても、書類選考で落とされやすい事と、受けられる求人自体が少ないことです。また、新卒専用の就職サイトに登録している企業の多くは、当たり前ですが新卒の採用を前提にしています。そのため、既卒が採用されるには企業が新卒者をとるよりも大きなメリットを提供する必要があります。

そのため、新卒の延長と思って活動しないようにしましょう。

既卒の就職活動は、前述したように既卒をターゲットにした紹介会社や就職サイトを利用したり、ハローワークのセミナーなどを上手く活用していく事が内定を貰える近道です。

人によっては、新卒の就職活動よりもスムーズの選考が進み、内定が貰えたと言う方もいらっしゃいます。

そのため、一人で就職活動する事に固執せずに、就職支援サービス等を上手く利用するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加