20代の派遣社員から正社員になるための転職活動

8dd6f7b51862728c309158d717c6cd25_s

新卒や既卒で正社員の就職が上手く行かずに派遣として働いている方は、それなりにいらっしゃいます。

派遣や契約社員を含めた非正規社員の割合は、産業全体を見ると約4割とされています。

そして、非正規社員から正社員に登用される割合は、約1割程とされています。

よく、派遣から正規社員になるために、一つの企業で頑張っている方がいらっしゃいますが、個人的にはオススメできません。

派遣や契約社員とは、企業にとってはあくまでも一時的な人手不足の解消、または雑務に人手を掛けたくない場合の手段になります。

もし正社員が欲しいのでしたら、派遣や契約社員とした非正規社員を雇うのではなく、初めから正社員を雇います。ただ、企業によっては正規社員を前提として契約社員として1年間雇う場合もあります。しかし、契約社員は雇用者全体を見ると1割以下になりますし、絶対に正社員として再雇用される保証もないので注意して下さい。

年齢を重ねると同世代との格差が生じる

派遣社員の場合は、年齢と共に賃金が上がっていく事がないので、同年代の正社員の方との賃金格差は広がって行きます。

20代の独身の方でしたら、自分の生活費だけになるので、それ程苦労する事は少ないと思います。しかし、30代になってくると結婚等も考えるようになってきますし、将来の親の介護も考える必要が出てきます。そして、いずれもお金が掛かってきます。また、30代後半になってくると、貯金も溜まらないので、より将来の不安も高まってきます。

非正規社員は不安定な立場である事を忘れない

非正規社員は、経済の景気によって左右されます。企業の経営が悪化すれば、最初に解雇されるのが非正規社員になりますし、景気が悪化すれば雇用先自体が減少します。

また、年齢と共に派遣として働ける職場も減少して行きます。

仮に職場があっても、契約を更新して貰えるかどうか不安に感じながら働く事になります。

非正規社員から正社員を目指すなら若い内に迅速に

c97e1380fc8b27d54f279cace209dd5b_s

30代以降になると正社員になれる業界や職種は限定され始めます。そのため、20代の内に正社員に就けるようにしましょう。

もし、正規社員を一度諦めた経験があるのでしたら、それは就職活動の方法を間違えてる可能性が非常に高いです。20代の方でしたら、欲張らずに就職活動をすれば、学歴関係なく正社員にはなれます。

大切なのは、新卒社員と競争しない事と、20代の第二新卒や既卒にターゲットを絞っている企業の求人に応募するようにすることです。

新卒で内定が貰えなかった方や、早期退職してしまった第二新卒の方や、フリーターや派遣といった非正規社員の20代の方だけをターゲットにしてる就職サイトも最近は増えています。一部ブラックな企業を紹介する就職サイトも存在しますが、信頼されている就職サイトを利用すれば、十分待遇が良い企業を狙うこともできます。

非正規社員として働いている企業で正社員を目指すよりも、遥かに正社員に慣れる可能性も高いです。

派遣として働いている方の多くは、情報が不足していたり、視野が狭くなって派遣以外の仕事以外を考えられなくなっている、または20代の方ですと現状で満足している方が多いです。

あなたの将来なので、もちろん非正規社員として働き続ける選択も良いですし、今の企業で正社員を目指すことも否定しません。

ただ、少しずつ将来に不安を抱えている方や、正社員として働きたいと感じているのでしたら、真面目に正社員を目指す事をオススメします。

人は、変化を嫌う生き物なので、正社員になるたくても、今の派遣の仕事にある程度満足していると、わざわざ転職活動をしたいと思えない方もいらっしゃいます。

ただ、変化を恐れて、現状に甘んじていると結局は取り返しの付かない年齢まで流され続けます。

そのような状況を回避するなら、思い切って行動をしてみることも大切ですよ。

⇒オススメの転職サイト一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加