フリーターは就職先がブラック企業でも我慢するべきか

f7ea0dff576f6a5e624a2efe0fda62b1_s

フリーターの就職活動で正社員を目指している方の中では、なかなか就職活動が上手く行かずに、「正社員として雇って貰えるならどこでも良い」と思って、ブラック企業に入社してしま方がいらっしゃいます。

これは、非常に危険な考えと言えます。ブラック企業に敏感になって、就職活動で全く妥協しないようですと就職活動が難航する可能性がありますが、客観的に見て明らかにブラックな企業に入社しては行けません。

多くの方は正社員になれば安定していると思ったり、フリーターや非正規社員として働くよりもマシと思いますが、低賃金・サービス残業・休日出勤が当たり前のようなブラック企業に入社していまうと、下手したらフリーターの方が待遇が良い場合もあります。

確かにブラック企業でも、正社員の方が世間体はいいですし、カードを作ったり、家を借りたいする際も有利になりますが、逆にそれだけです。ブラック企業で正社員として働く行為は、安定とは程遠い立ち位置になります。

一番の理由は、長時間労働とサービス残業、そして上司からの無茶な指示によって体力的にも精神的にも追い詰められることです。

体を壊したり、精神的に追い詰められて鬱になってしまうと、それこそ働き続けること自体できなくなってしまいます。

若い内はどうにかなるかもしれませんが、年齢と共に確実に体力がついて行かなくなっていきます。これでは、安定どころか、どこまて働き続けられるかのチキンレースになってしまいます。

普通の社員の方は、その前に転職をしていきますが、就職活動が難航した学生や既卒の方やフリーターの方ですと、今の職場を辞めてしまうと、次に雇って貰える企業がないのではないか?と思ってしまう方も少なからずいらっしゃいます。

そのため、もし今フリーターとして働いていて、正社員の就職活動が上手くいっていなくても明らかにブラック企業と判断できる企業には就かないようにしましょう。

就職活動の手段を増やす

フリーターの方で就職活動が上手く行っていない原因の一つは、就職活動の手段が少ない事です。有名どころの就職サイトを一つだけ利用していては、競争率が高い上に、チャンスも少ないです。フリーターの方の場合は、フリーターの方をターゲットにしている就職サイトや紹介会社を利用するようにしましょう。

紹介会社の中には、新卒や経験を積んだ社員ではなく、既卒・第二新卒・フリーターの方に絞った求人を取り扱っている企業も存在します。

フリーターの方にオススメの紹介会社は、いい就職.comやハタラクティブになります。

<いい就職.com>

WS000007

詳細はコチラ

<ハタラクティブ>

詳細はコチラ

私も利用した事がありますが、面接の練習や応募書類の書き方についても丁寧に教えてくれます。また、求人もブラックはなく比較的に待遇のよいものが集まっています。

何時までもフリーターとして働けない

genjitsu_touhi

フリーターから抜け出すためにブラック企業で働く事はオススメしません。

正直言って世間一般の大多数がブラック企業と認める企業(ブラック企業にノミネートされているような)に入社するのは難しくないですが、就職活動の放棄はあなた自身の甘えでもあります。

そして、就職活動から逃げ出してブラック企業に入社した代価は、あなた自身の体や精神の支障になります。

ただ、注意して欲しいのはブラック企業しか就職できないから正社員は諦めるといった言い訳をするのは辞めましょう。

上記にも述べたように、フリーターの方でも手間暇を惜しまずに、今まで就職活動に固執せずに活動し、高望みしなければ、それなりの企業には就職できます。

将来的に他にやりたいことができたら、転職や起業を考えながら自分のスキルを磨ける職場で働くのも良いと思います。

目先の事を考えるのも大切ですが、将来のキャリアプランを考え、その上で就職活動を進めて行きましょう。

間違っても就職活動を投げ出すような事はしないようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加