新卒の就職活動の解禁日が変わることに不満を抱かない

59812b1bf36e3c0ef8443b09b9e3db40_s

新卒の就職活動の解禁日が、毎年のように変わることから、新卒の就職活動を控えている学生にとってはストレスと不満を抱くかたもいらっしゃると思います。

2016年からは、経団連は6月が就職活動の解禁日とされています。

何故新卒の就職活動の解禁日が年々遅くなるかと言えば、一番の理由は学業に与える支障と言われています。早くからの就職活動は、学生の本分である学業に大きな負担を与えるとされていることから、就職活動の解禁日が遅くなっているのです。ただ、一方で就職活動が遅くなったことで、なかなか内定が貰言えない学生は、卒論を書く暇がなく、むしろ学業に支障を与えたという意見も多く寄せられました。

ただ、大学3年の冬から就職活動が解禁されるのが良いのか、それとも4年の春過ぎからがいいのかは、学生個人の就職活動の成否かによっても変わってくると言えます。

ただ個人的に言えば、企業の全てが経団連の決めた解禁日から採用活動を始めると思っているのでしたら、少し就職活動を甘く見ていると思った方がいいです。

企業によっては、大学3年生に内々定のようなものを出している事もあれば、インターンをしてくれた学生に対する優遇をしている事もあります。表向きは、インターンの有無は採用活動に影響しないといっても、実際は採用活動に大きな影響を与えている事なんて良くあります。また、外資系企業といった経団連に所属していない企業は、そもそも経団連の解禁日を守る必要性もありません。

そのため、来年は6月が解禁日だから、その時から本格的に就職活動を始めればよいと思っていると、解禁日が遅れたことで学業に支障を出したとい不満を言う側になる可能性が上がりますよ。

不満をいくらいっても自己責任

経団連にいくら文句をいっても、就職活動は進展しませんし、内定を貰う事は出来ません。また、国の政策によって仕事の先行きが変わることなんて、この先いくらでもあります。ある意味学生全員が平等に影響を受ける就職活動の解禁日に関しては、いくら不満をいっても全員が同じ状況である事を考えると我慢して状況に対応するしかありません。

大切なのは、毎年の就職活動の解禁日に左右されずに、遅くても大学3年になったら就職情報を収集をしながら徐々に就職活動を始めることです。

少しネットで調べれば、夏や冬のインターンシップの情報など簡単に手に入ります。

また、選考ではなくても座談会と名を変えた採用活動も大学3年の時点で始めっています。面倒と感じたり、まだ本格的に始めなくても良いと判断する方も多いですし、私もどちらでも良いとも思っています。実際に、経団連の解禁日から始めても内定を早期で貰う事は可能です。もちろん、それなりの優良企業も個人差はありますが可能だと思います。ただ、その場合は後で就職活動の解禁日等に対して不平不満をいう資格はないとも言えます。

また、他の人が面倒と感じたり、やらない事だからこそ周りよりもリードしたり、後々楽になるのです。

前述したように、国政策に不平不満を言っても時間の無駄ですし、空しいだけです。むしろ、国の政策関係なく就職活動を成功させるつもりで活動する事が大切です。

⇒新卒の就職活動は周りと同じ就職サイトだけに頼らない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加