ワンマン社長の企業に入社するのは危険なのか

023827

中小企業ですと、社長が経営の全てを指示することも多く、非常に影響力が高い事が多いです。ワンマンと聞くと、良いイメージは湧きませんが、そもそも中小企業は社員の人数はそれ程多くないので、社長と一部の幹部で迅速に決断して行く事が求められるので仕方がないとも言えます。

また、フットワークが軽いので、職場の改善もスムーズに進めることができるので、発展途上の企業でしたら、成長と共に着実に福利厚生や休日が整っていきます。

また、現場と社長の距離が近いので、現場の声を届けやすいという利点もあります。

一方で社長の性格にはよっては、経営方針が簡単に変わりやすいのも確かです。社長から一般社員までの役職といった間が少ない程に、社長の考えによって経営方針が変わる可能性が高いです。

そのため、社長の経営スキルと人柄次第で良くも悪くも変わることを知っておくと良いでしょう。

中小企業の選考では、社長が最終面接を務めることが多いので、一緒に働けるような人柄かどうかしっかりと判断する事が大切です。

入社しても社長と、それ程話すことはないだろうと思わない方がいいです。

前述したように中小企業は、社長と一般社員の距離感が近いことが多いですし、飲み会でも話す機会が多くなる可能性が高いです。

しっかりとあなた自身の目で見定めるようにしましょう。

注意するべき社長

自己顕示欲の強い社長は基本的に注意した方がいいです。

確認方法としては、企業のサイトに社長が何らかの会員になっている事がアピールされている場合は危険です。

会員とは、中小企業の社長が、自分達の事をアピールするためのようなものになります。

私個人としては、そのような部分に会員費を払わずに、社員に還元して欲しいというが本音になります。また、サイトに社員同士のイベント等が多く掲載されていたり、家族のような社員といった言葉が乗っていたりするのも危険です。

絶対ではありませんが、休日に給料が発生しない会社のイベントに駆り出されたり、サービス残業が多かったりする可能性が高いです。

中小企業を選ぶオススメの方法

WS000007

私のオススメとしては、いい就職.comと呼ばれる紹介会社を利用することをオススメします。

いい就職.comは、既卒・第二新卒をターゲットにした中小企業の求人を扱っており、優良企業の求人が多いです。実際に私も利用したことがありますが、給料は平均的ですが休日と福利厚生が非常に整っています。

また、デスクワークの仕事が多く、落ち着いたイメージの強い企業が多かったです。

いい就職.comの職員が、実際に企業に足を運んだ上で求人を掲載しているので、ブラックな企業はないので、安心して利用することできます。

もし、興味がありましたら既卒・第二新卒専用の紹介会社いい就職.comをどうぞ。

⇒オススメの20代転職サイト一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加