既卒 フリーターとして働く選択肢

92ea649bf4777909bc50775eec51c329_s

既卒の方で内定が貰えない日々が続くと、フリーターとして一旦働く事をお考える方がいらっしゃいますが、個人的にはオススメしません。

理由としては、20代の就職において重視されるのは若さになります。もちろん、今までの経験や培ってきたスキルも重視されますが、フリーターの経験が若さよりも重視される事は少ないです。もし、あなたの目指している業界でフリーターとして働き、その上で正社員を目指すのでしたら、ある程度有利になる可能性もありますが、もし全く関係ない業界の職種でフリーターとして働くのしでしたら、既卒としてもう少し正社員に向けて頑張ってみる事をオススメします。

フリーターとして働く前に既卒の就職活動を見直す

フリーターとして働く選択を取る前に、まずは今までの既卒の就職活動を見直すようにしましょう。

既卒の方で内定が貰えない原因の一つは、視野が狭くなって、新卒と同じ就職サイトを利用していたり、知らず知らずの内に競争率の高い企業ばかりに応募している事が多いです。また、応募書類や面接の対策を見直していない事も原因としては多いです。

既卒の就職活動で、上手く行かない事は必ず原因があるので、焦らずにまずは自己分析をするように心がけましょう。

既卒をターゲットにしている就職支援サービスは利用しているか

既卒の採用をターゲットにしている企業は、あなたが思っている以上に存在します。

ただ、そのような企業は大手の就職サイトに掲載していません。そもそも、大手のリクナビやマイナビといった就職サイトの掲載企業は年々減少しており、もっと専門性の高い就職サイトや中堅サイトに移行し始めています。既卒をターゲットにしている企業は、新卒採用の掛かるコスト、内定辞退のリスクを抑えたいという思いがあるので、大手の就職サイトを利用する事は少ないです。

そのため、既卒として活動する場合は、既卒の採用意欲が高く、そして何よりもブラック企業を取り扱っていない紹介会社を利用する事をオススメします。

もし興味がありましたらを既卒の就職活動で内定を貰う方法どうぞ

応募書類や面接の練習

応募書類や面接の練習は、ハローワーク等でも定期的に無料で受けることができるので、一度客観的な目線から率直な意見を聞くようにしましょう。また、前述した紹介会社でも無料で面接の練習、応募書類の添削をしてくれる事が多いので積極的に活用しすることをオススメします。

既卒の就職活動で大切なのは、1人で悩みのではなく、周りの人に頼ったり、利用できるサービスを上手く使うことになります。もし、現在上手く就職活動が上手く行ってないのでしたら、視野が狭くなっている可能性があります。一度、周りに相談したり、今まで利用した事のない就職サイトや紹介会社を利用するようにしましょう。

⇒オススメの20代転職サイト一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加