新卒の就職活動でホワイト企業に入社できるのか

ac11

新卒の就職活動でホワイト企業を探し当てる事は非常に困難です。

理由としては、一度も社会人経験をしていない事が大きな理由になります。

一度も就業経験のない状態の仕事に対する考えと、企業で実際に入社して働いた後に感じる仕事に対する考えは、やはり多くの方にギャップを感じさせます。

そのギャップに慣れる事ができ働き続ける方もいれば、もっと他に経験したい事や学びたい事が新しく生じて転職をする方もいらっしゃいます。

どちらが悪いという訳でもありません。

大切なのは、あなた自身が納得して働ける職場を見つける事がです。

間違えて欲しくないのは、納得できる職場とは必ずしもホワイト企業ということではありません。

ベンチャー企業などでは、若者でも新しい事に積極的に挑戦し経験を積める一方で、残業も多いですし、責任も個人で背負う事が多いのでホワイト企業とは言えません。

そのため、単純に働きやすい職場を選ぶのはでなく、成長して行く課程で転職を前提にした企業選びをする必要も求められます。

そのため、給料や休日をある程度我慢をしてでも、スキルを学ぶ事が必要なこともあります。

もし、あなたが思うホワイト企業で働いて行くのでしたら、それまでに自分にとって必要な経験と実績を積める企業で働いて行きましょう。

もちろん、一番良いのは自分のやりたい仕事ができ、待遇も良く働きやすい職場が理想ですが、社会経験のない新卒が最初の就職で就ける可能性は非常に低いと思った方がいいですし、そのような求人だけにターゲットを絞ると内定が貰えない可能性も高いです。

新卒でホワイト企業で働く

ホワイト企業という基準も、ブラック企業という基準も人によって個人差があります。給料は低くても、休日が多く、福利厚生が整っていればホワイト企業と言う方もいれば、逆に給料と最低限の福利厚生でもホワイト企業と言う方もいらっしゃいます。

ただ、新卒の方の場合は、給料が初めから高い事は少ないので、基本的には休日と福利厚生が基準になる方が非常に多いと思います。

個人的に休日と福利厚生が、ある程度整っている仕事を探すは、それ程難しいことではありません。ただ、その仕事をやりたいのか、そして内定を貰えるのかは話が別になります。

人は就職活動する上で、待遇が良ければどこでも良いと思いながら、やはり仕事内容は選別しています。また、やりたくも仕事を続けていても、経験や実績を上げることはできません。

ホワイト企業=倒産しない、リストラがないという訳ではないので、転職に困らない経験ができる企業でないと意味がありません。

そのため、将来の事を考えると、給料や休日に固執するのではなく、将来的にやりたい仕事を職場を選ばずに働ける経験を積める企業を選ぶべきでしょう。また、その方が自分のやりたい仕事ができるホワイト企業にも採用されやすいです。

⇒新卒の就職活動は周りと同じ就職サイトだけに頼らない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加