フリーターとして働けるのは何歳までか

9f2ee30564e613bd42a3d42722c87ab5_s

フリーターとして働ける年齢は、多くの方は遅くても20代後半ぐらいだと感じていると思います。私自身も、フリーターとして働き続けるのでしたら遅くても20代後半までだと感じています。ただ、この20代後半というのは、あくまでも目的がある方の年齢になります。どうしても叶えたい目標や夢があるのでしたら、フリーターとして働きながらギリギリまで追いかけるのは悪い事ではありません。

また、本気で目標や夢を追っていたのでしたら、実際に正社員のために就職活動を始めた際も、面接などで評価されることも多いです。

本気で挑戦していた方は、その結果に関わらずに、一つの事に対して全力で取り込める姿勢を評価されますし、フリーターとして働いていた仕事と関係があれば選考も有利に進みます。実際に、私の知り合いにも27歳までフリーターをしながらバンド活動をしていた方は、今ではIT企業のSEの正社員として働いています。

逆に危険なのは、何となくフリーターとして働いている方です。

やりたい仕事がない、何となくフリーターをしている方は、年齢関係なく迅速に正社員になりましょう。

目的や将来の目標がないと、単純に正社員として働きたくないからフリーターとして働いていると思われてしまいます。実際にフリーターとして働いていた理由を面接で説明するのに難しくなります。

20代前半まででしたら、既卒としてフリーターの仕事をしながら、本当にやりたい仕事を考えていた、自己分析をしていた、または資格の勉強や公務員試験を受けていたといった理由でも何とか誤魔化せる可能性はありますが、20代半ば以上になると信じて貰えなくなります。

嘘の目標や夢を言っても、面接官には見抜かれる可能性が非常に高いです。

そのため、フリーターとして働く理由となる目標や夢がない、あっても本気で挑めていないのでしたらさっさと正社員になるための就職活動を始めましょう。

⇒オススメの20代転職サイト一覧

フリーターは20代までの理由

30代以降は20代の経験とスキルを基ににして、大きな責任を伴う仕事を任される事が多いです。会社に貢献できる仕事の中心として抜擢され始めるという事になります。企業によっては20代からでも積極的に挑める事もありますが、年功序列の企業の多くは30代から勝負とも言えます。

そのため、30代からの未経験職種に挑むの非常に難しいです。

今まで働いてきた経験を活かせるのなら分かりませんが、全くの未経験ですと企業としても30代の人を採用するメリットはありません。それこそ、余程人手不足の職場だけだと思います。

そのため、フリータが正社員として採用される可能性が高いのも、20代後半がギリギリだと思いましょう。

もちろん、人手不足が蔓延化していて、中途の未経験者が多い業界もあります。例を挙げると飲食業界や介護業界などになります。ただ、30代になると非常に選択肢が限られます。

フリーターの方は、その危険性も考慮した上で、フリーターの仕事を続けるか否か考えましょう。

⇒フリーターから正社員を目指す方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加