新卒の履歴書の志望動機と自己PRの書き方

cc2c8a9bf6d572611cb15141a4ffc27e_s

履歴書に書ける自己PRと志望動機の文字数は限られているので、記載する内容に無駄があると非常に勿体ないですし、書類選考で落とされる原因にもなります。

そのため、企業が目に止まる内容だけを書くように注意しましょう。

自己PRの書き方

大学指定の履歴書には、自己PRの欄が基本的にありますが、市販の履歴書には自己PRの欄が無いこともあります。既卒の方の場合は、志望動機だけでは少し心もとないので、出来る限り自己PRの欄のある履歴書を使うようにしましょう。

※志望動機と自己PRの欄がある履歴書

ショウワ 六度法履歴書 069662001

新品価格
¥244から
(2015/11/15 19:00時点)

それでは、具体的な自己PRの書き方としては、それ程難しいことではありません。

最初にあなたが一番PRしたい『結論』から記載することです。先に学生時代の体験を述べてしまうと、結局何を自己PRしているのか分からなくなってしまいます。そのため、先に一番自己PRしたい事を記載した後に、履歴書に記入できる範囲で具体的な内容を記載しましょう。

注意点としては、結論の部分に抽象的な言葉を書かないことです。コミュニケーション能力や協調性、忍耐力、勤勉性等を書いてしまうと、ありきたりな上に、履歴書で書ける内容で採用担当者を納得させるは至難の技です。

面接等では、時間を貰えれば納得の行く説明ができても、限られた文字数で抽象的な言葉に骨付けできる内容を記載するのは難しいです。

それよりも、あなたの学生時代のエピソードを基に、あなたの言葉で言える強みを具体的に記載するようにしましょう。

なお、例外としては、履歴書が書類審査による比重が少なく、筆記試験やSPIの得点によって面接の選考が左右されるなら、抽象的な言葉を記載しても大丈夫です。面接時に、具体的なエピソードをしっかり述べて、面接官を納得させる事ができれば、何も問題が無いからです。

志望動機の書き方

志望動機を履歴書に書く際に注意するべきことは、企業を褒める事と、自己中心的な考えを書くことです。企業を褒める内容の具体例としては、求人や説明会の内容に対する感想や企業の姿勢対して同調するような記載になります。

多くの方が内容に差異はあっても記載する内容になるので、採用担当者が目を止める可能性は非常に少ないです。

次に自己中心的な考えの具体例としては、社風や企業の姿勢に魅かれて、一緒に自分も成長しながら働きたいといった内容になります。他にも、将来的にキャリアアップして行ける職場環境や、積極的にチャレンジしていける環境等の志望動機もオススメしません。

理由としては、多くの応募者と被りやすいという理由もありますが、何よりも自分に対するメリットだけで、企業に対して貢献できる内容ではないからです。

簡単に言えば、企業を自分が成長できるだけの踏み台として扱っている捉えられかねないからです。

では、どのような志望動機を書くべきかと言うと、最初に企業に魅かれた理由を書き、その後に企業に貢献できる経験を述べるようにしましょう。

注意点としては、企業に魅かれた理由を、企業の特定の部門だけに絞り過ぎると、扱いにくい人材だと思われる可能性があるので注意しましょう。

また、貢献できる内容も出来る限り、具体的なエビソードを完結に記載するようにしましょう。

自分がどのように働き、成長していきたいのか記載するのではなく、企業にどのように貢献していけるかを記載することが大切です。

⇒新卒 内定が貰えない方の特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加