新卒の就職活動で一生働ける企業を探すべきか

05efbbfa5607157685f1d4fb69fad043_s

新卒の方の多くが、安定して一生働き続ける企業に入社したいと考えている方が多いです。ただ、現実問題として一生一つの企業で働き続ける事は難しいと言わざるを得ないのが現在の日本です。

大手の有名企業なら、倒産しないから安心だと思っている方もいらっしゃいますが、大手の場合は倒産しないために大量のリストラに踏み切る事が十分あります。

実際に、年収が高く日本を代表するソニーも、成果を出す事ができない人材は切り捨て行きます。特に大手の有名企業ほど、社員をリストラにするマニュアルが整っています(リストラ部屋とも言われる部署への配置転換など)。

もちろん、実力が認められる人にとっては、非常に働きやすい職場になる可能性がありますが、一方で何となく有名な大手企業だから、安定してそうだからといって入社すると数年経たずに仕事を辞めざる得ない状況になるかもしれません。

また、福利厚生や給料が良いからといって、それが一生続くわけでもありません。

最近では、シャープが経営悪化のために自主退職というなのほとんど強制に近い退職を推進しました。業績が伸ばせないのも理由の一つでしたが、経営状況が悪いにも関わらずに、高い給与と手厚い福利厚生を社員に提供していたことも経営悪化の原因の一つです。そのため、大量の自主退職を募る必要になったのです。現在のシャープの給与体系と福利厚生は分かりませんが、これから入社する方は今の40代、50代と同じ給与水準が貰える可能性は少ないかもしれません。

新卒者はどのように就職する企業を選ぶべきか

一番大切なのは、年齢に見合った経験と実績を積み立てていく事です。

あなたが志望している業界・職種に就いた後に、その仕事の経験を積み、実績を出せば、例え企業が倒産しそうになっても、転職にはそれ程苦戦しません。

企業から選ばれるのを待つ人材ではなく、働ける企業を選ぶ側になるように努力する事です。

人によっては、経験を積むために転職を繰り返す人もいらっしゃいます。世間一般的には、転職を繰り返すはデメリットと言われますが、そのような事はありません。

目的がキャリアップを狙った転職でしたら、例え短期間による転職でも足を引っ張れる事はありません。

短期間の間に、あなたが学びたい経験を積み、実績を出した上で、よりスキルを磨くための転職でしたら、応募先の企業も問題にしない事が多いです。

あなたが働きたい仕事は何でしょうか?

そこにどのようなキャリアビジョンを持っているでしょうか?

働きながら考えるという選択肢もありますが、できれば事前にある程度は明確にしておいた方が良いです。

一つの企業で一生働き続けることを考えるのではなく、働くのに困らない経験とスキルを磨く事を考えましょう。

もし、まだ明確に働きたい仕事が分からないのでしたら、あなたが何となくでも向かいたい方向性を考えた上で、将来の選択肢を増やすことができる仕事を考えましょう。

⇒就職活動ですべり止めの企業を作ってはいけない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加