新卒 内定が貰えない方の特徴

mark-995567_640

新卒の方に限りませんが、就職活動に上手く行かず、内定が貰えない方の特徴は、現状の就職活動のスタイルを変更する事を嫌がる方になります。

人は、環境を変えたり、変えられる事に対して非常にストレスを感じる生き物です。

就職活動も同様で、内定を貰えない方は、応募書類が通らなかったり、面接を落とされても、簡単には自分の否を認めずに、「運が悪かった」、「選んだ企業・面接官との相性が悪かった」と言い訳をして同じ事を繰り替えします。

確かに、企業や面接官との相性が悪かったという理由も確かにありますが、反省できる箇所は必ずありますし、企業とのミスマッチを感じたら、より自己分析と企業調査を徹底して余計な企業に応募しないようにするべきです。

何回か内定を貰えずに、選考を落ちると、自分の就職活動のスタイルに疑問を持ち、見直そうと思う方も大勢いらっしゃいますが、結局は前述した言い訳や、忙しさを理由にしたり、どうにかなるだろうと言った甘えを抱いてしまう方も多いのです。

また、内定が貰ずに焦っていると、自己分析や企業調査に力を入れるよりも、応募した数で攻めた方がよいのでは?と思う方もいらっしゃいます。

ただ、それは大きな勘違いをしています。就職は社会人としてのスタートであり、就職してゴールではありません。

どこでも良いから内定が欲しいと就職活動したら、ブラック企業だったり、思っていた仕事と全く違ったりと、早期退職の原因にもなります。

そのため、時には自分の今の就職活動のスタイルを変えるために、一度今までの就職活動を振り返るのも大切です。

内定をたくさん貰える方の特徴とは

hand-710666_640

失敗を振り返り、自己分析をするのは、非常にストレスを感じますし、目を逸らしたくなりますが、言い訳をして逃げ出さない事が、最終的に内定に繋がります。

具体的な方法としては、面接の場合は、必ず全て後でノートに記録を残すようにしましょう。そして、次の面接を通ったか、通らなかった関係なく精査するようにしましょう。どの点が、不採用の原因になったのか、もしくは次の選考に進めた原因だったのか考える事が大切です。これを繰り返せば、落ちパターンと、面接が通るパターンを知ることが出来ます。

また、自己分析と企業の情報取集を徹底しているかも確認しましょう。非常に優秀な方でも、アピールする強みが、企業の求める人材像と異なっていたら採用されません。

非常に行動的で、新しい事に積極的に挑む事を具体的なエピソード付きでアピールしても、企業の仕事内容が保守的で、伝統を重んじる企業でしたら、採用される可能性は非常に低いです。このような、アピールするポイントを面接で間違えないようにするためにも、事前の企業調査なども徹底して行っていたか確認するようにしましょう。

何度も言いますが、人は変化を嫌う行きもですが、間違った行動をしているのでしたら、変えない限り成功する事は無い事を忘れないようにしましょう。

⇒新卒の就職活動は周りと同じ就職サイトだけに頼らない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加