就職活動ですべり止めの企業を作ってはいけない

a76abf372f7da3aa621f20437290100b_s

新卒の方がやりがちな事なのですが、就職活動ですべり止めの企業を作っておく事はオススメしません。

現在の日本では、新卒の約3人に1人が入社して3年の間に退職しています。理由としては、ブラック企業といった辞めざるえない理由もありますが、一番多いのは新卒者と企業側のミスマッチになります。

面接の練習のつもりで、禄に企業の調査を調べずに受けた企業から内定が貰えたから、すべり止めとして…と言う方は結構いらっしゃいます。

面接の練習のために選考を受けるのは否定しませんが、その場合は例え採用を貰えたからといって、入社する候補の一つにしてはいけません。

もし、するのでしたら改めて企業の調査を徹底した上で、入社しても良いか否か考えましょう。

間違っても、すべり止めと軽く考えて、内定を受諾するか否かの期限までに、他の企業から内定がもらえなかったから入社を決めるといった安易な事は辞めましょうね。

高確率でミスマッチが生じる原因になります。

高校や大学などの、教育機関の入学なら別ですが、企業の入社は、これから数十年の将来を決める決断になります。

企業で働く仕事内容は、転職時の選択肢や待遇も左右されます。

入社後に、改めて第二新卒として活動するのも一つの手段ですが、それでしたら、新卒時に多少時間を掛けても、やりたい仕事を長期的に続けられる企業の内定を貰えるように努力した方が時間を無駄にせず済みます。

新卒のミスマッチは高確率で発生する

そもそも、新卒時に就職活動で企業調査を徹底しても、少なからずのミスマッチは存在します。

正確に言えば、現実と理想のギャップとも言えます。

例え仕事内容が同じでも、一度も働いたことない新卒の方でしたら、実際に働いてみた時にギャップは生じます。

そして、時間を掛けて理想とギャップの差を埋めて慣れて行くのです。

ただ、事前調査もせずに、すべり止め感覚で受けた企業に入社してしまうと、仕事内容や職場環境など多くの場所で、ミスマッチとギャップを感じる事になります。

そのため、時間を掛けても埋められない溝が生じてしまい、早期の退職へと繋がってしまうのです。

特に仕事内容が、本来やりたい仕事と全く違うと、第二新卒として活動する際も、仕事の経験が活かしにくいので、未経験歓迎の求人しか応募が出来なくなってしまいます。

新卒時に事前調査を徹底すれば絶対に避けられる訳ではありませんが、リスクを減らすことはできます。

そのため、就職活動を早く終わらせたいという気持ちで、それほど興味を持っていなかった企業に入社しない事をオススメします。

新卒の就職活動にオススメのサービス

大手の代表的な新卒のサイト以外にも、情報収集がしやすいサイトやスカウト重視のサイトといった新卒のためのサイトは多種多様になります。

ここでは、新卒の就職活動の幅を広げられるサイトをいくつか紹介したいと思います。

ビズリーチ・キャンパス



OB・OG訪問をして企業の情報を集めたい人にオススメのサイトになります。

求人サイトにはなりませんが、大学別にOB・OG訪問ができる珍しい新卒専用のサイトになります。

登録できる大学は限定されていますが、利用できるなら情報収集の幅を広げ、面接時の受け答えの質を大きく引き上げることができます。

新卒の就職活動のサポートとして利用を考えてみても良いと思います。

<現在登録できる大学(下記よりも増えている可能性はあります>

早稲田大学・慶応義塾大学・大阪大学・東京大学・京都大学・東京工業大学・一橋大学・名古屋大・名古屋工業大学・九州大学・九州工業大学・東京理科大・中央大学・青山学院大学・明治大学・法政大学・立命館大学・立教大学

同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」

キミスカ



スカウト中心の珍しい新卒のサービスになります。

インターン実績などを載せて企業にアピールすることができますし、人事や経営層から特別オファーがくることもあります。

また、メールのサービス以外にも、少人数制の合同選考会もしているので、内定のチャンスを広げることもできます。

企業からのオファーが中心のサービスになるので、メインの媒体として利用するにはオススメし難いですが、就活のサブとして利用する上で貴重なサービスと言えます。

キミスカ

東京しごとセンター



東京都が設置した、就職・転職をしている人の支援をする機関が「東京しごとセンター」になります。

就職活動の準備段階から応募書類の書き方、模擬面接といった面接対策まで無料でサービスを提供してくれます。

「就職活動の方法を知りたい・見直したい」、「応募書類の書き方や面接の対策をしたい」、「求人の選び方を知りたい」、「企業情報が欲しい」

上記のような希望や悩みを抱えている人にオススメです。

就職活動をする上で、不安や悩みを相談する相手に困っていたり、対策面で手詰まりの状況になっているのでしたら、東京仕事センターのスタッフと面談をしてみてはいかがでしょうか?

就活の無料相談カウンセリング!東京しごとセンターヤングコーナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加