第二新卒と既卒は中途採用の求人に応募できるのか

第二新卒・既卒の転職活動では、基本的には中途採用枠で選考を受けることになります。

ただ、最近では第二新卒・既卒という言葉が転職市場でも一般的に使われるようになってきたので、転職サイトの求人にも第二新卒の応募が可能か否か記載されることも増えてきています。

また、求人によって若年者のみを条件とした求人もありますので、一概に第二新卒・既卒という枠がないという訳ではないと言えます。

職種未経験者歓迎は第二新卒と既卒が受けらえるのか

0a67244aecfe0b4e6ec44c3158d558d1_s

未経験者歓迎で、応募条件に特筆して何も記載されていないと第二新卒・既卒が応募できるのか悩む方もいらっしゃると思います。

これが、既卒・第二新卒をターゲットにした就職サイトでしたら悩む必要なく応募できますが、通常の転職サイトだと悩んでしまうと思います。

結論から言えば、応募しなければ分からないとしか言えません…

仮に応募書類が通り、面接に進む事ができたのでしたら、求人に記載されている通り、就業年数や事前知識、技術は必要ないという事だと思います。また、通常の転職サイトで第二新卒・既卒が面接に進むことできるのでしたら、企業側も第二新卒・既卒であることに対して問題意識を持っていないことが多いです。

なお、個人的な体験を下にすると、未経験者歓迎とアピールしている求人でも、経験者優遇と書かれている求人は、未経験者は高確率で書類落ちします。

未経験者歓迎の多くは、企業側の応募がこなかったらという不安で記載されている事が多く、逆に経験者の応募があるとバッサリと未経験は落とされます…

あくまでも私の個人的な感想になりますが、未経験者歓迎のデスクワークの仕事の求人は、経験者をかなり優遇する傾向があります。ただ、ベンチャー企業の場合は、経験よりもやる気が優先される傾向があると思います。

後は、急募の求人でしたら経験の長さよりも、すぐに入社できる方を優先することもあるので、第二新卒・既卒の方は積極的に狙ってみると良いでしょう。

そのため、通常の転職サイトはメインに扱わずに、偶に求人をまとめて確認したり、スカウトメール等を中心にすると良いと思います。そして興味の持てた求人がありましたら、取り敢えず応募してみると良いと思います。多少の経験不足には目を瞑っても若年者を採用したい企業は意外に存在するので、すんなりと中途として採用されることもあります。

なお、メインサイトとしては、第二新卒・既卒をターゲットにした就職サイトや紹介会社を利用すると良いと思います。

このサイトでも、いくつかオススメの就職サイトを紹介しているので、興味があれば参考にして頂ければ幸いです。

⇒オススメの20代転職サイト一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加