早期退職の第二新卒による転職は不利なのか

fb133f3428f4f8053e4e116bacbdcab3_s

新卒、または既卒で入社して、早期に退職した場合は不利になる事はあっても、有利になることは残念ながらありません。

ただ、今勤めている企業で働き続けることで、早期に退職する以上に不利になる事はあります。

不利と言う言葉は適切ではないかもしれません。正確には、時間を無駄にするリスク、またはブラック企業でしたら体を壊したり、鬱になり働く事ができなる可能性があります。

転職市場では、一般的に3年間働けば最低限のキャリアとして認められる傾向が強いので、転職に有利とは言えませんが、不利なると言われません。そのため、良く3年間は取りあえず働こうと思う方や、3年間は働いてみろと言う方がいらっしゃいます。他にも、3年あれば仕事に慣れると言う方もいらっしゃいますね。

この考え自体間違いではありませんが、全ての企業に当てはまる考えでもありません。

他にやりたい仕事があるケース

今働いている企業の業界と職種が全く違う仕事に就きたいのでしたら、3年も待たずに、さっさと本来やりたい仕事に就くために努力した方が良いです。

必要な資格も3年間もあれば大抵入手できます。また、あなたがどのような仕事をしたいのか不明ですが、企業を選ばなければ一部の業界と職種を除けば高確率で入社できるはずです。

20代の3年間非常に貴重です。30代になると、未経験の業界、職種に転職するにはリスクが上がります。多少の不利な点は、若さと本気でやりたい仕事に対する熱意で、ある程度はカバーできます。

ただ、注意して欲しいのは、早期退職して転職をする前に、今働いている仕事で学べることが無いのか考えることです。

具体的に転職した仕事内容が分かるのでしたら、今の職場で次に活かせるスキルを学んだ上で転職を考えましょう。

その場合は、転職もスムーズに進みますし、転職によって給料が下がるリスクを抑えることもできます。

とにかく退職したいケース

仕事が合わない場合は、前述した通りに他にやりたい仕事あるのでしたら、転職を考えても良いでしょう。ただ、とにかく辞めたい方の場合は、ブラックではない限りは本当に慣れる事ができないか継続して働いてみる事をオススメします。

もしくは、働きながら転職活動ができないか考えてみることです。仕事は、ある程度の経験を積めば慣れると言うのも確かです。

もちろん、どうしても慣れる事ができない方もいらっしゃいますが…その場合は、他の部署に変えて貰えないかお願いしてみても良いでしょう。

入社して間もなく相談するのは緊張しますが、どうせ辞めるならと覚悟を決めるしか個人的にはないと思います。

最終的には、あなたの判断で退職するか否か決めるしかありません。

ただブラック企業と呼ばれる職場でしたら、さっさと辞めましょう。

早期退職で不利になる以前に、働き続ければ再起不能になるリスクさえあります。

鬱病になれば、仕事を辞めた後も簡単に転職活動ができません。

本来は入社する前にブラック企業と分かるのが一番良いですが、やはり間違って入社してしまう方がいらっしゃいます。

なお、ブラック企業という実態は、基本的に入社してすぐに分かる事が多いと思います。

その場合は、下手に仕事を続けるよりも、年金を支払ったり、健康保険に加入する前に辞めて、職歴に傷を付けずに既卒として活動した方が良いこともあります。

絶対に働き続けてはダメだと感じたら、迷わず逃げる事も大切な事をと知っておく事も大切です。

そして、絶対に次は間違ってブラック企業に入社しないようにしましょう。

⇒第二新卒の需要と内定を貰う成功方法

⇒オススメの20代転職サイト一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加