既卒と第2新卒はハローワークを使うべきか

0b8bd904aa54acd98e543d9f36791278_s

私の個人的な意見としては、ハローワークをメインの媒体として就職活動をする事は避けるべきだと思っています。

理由としては、ハローワークの求人の審査が非常にいい加減だからです。

最近は、求人内容に誤りがあった場合は求人依頼を断るなどの対策をしていると言われていますが、適切に対処されているのかどうか判断することは難しいです。

また、ハローワークを利用して就職したら、求人では週休二日制なので、実際に働き始めたら、土曜日も出勤が当たり前で、残業代も出ない…といったことも普通にあります。

他にも、トライアル制度と呼ばれる制度で、3ヶ月間求職者を採用して補助金を貰ったら解雇するような悪質な企業も存在します。

勿論、そのような企業ばかりではありませんが、求人票からでは良し悪しが判断できませんし(中小だとネットでも評判が載っていないことが多いです)、面接時の説明も嘘の場合もあります。

そのため、他の就職サイトとよりもリスクが高いと言えます。

また、ハローワークは企業側が無料で掲載依頼ができる媒体になるので、企業側が採用する意思がないのに掲載を継続させている事もあります。民間企業の就職サイトの場合は、企業側がお金を支払って採用活動をしているので、採用に対して積極的ですが、ハローワークに関しては、採用に消極的な企業も多いので、応募しても時間の無駄になるリスクも大きいです。

ハローワークは予想以上に競争率が高い

kisotsu_img3

ハローワークは、幅広い年代の方が利用できるので、あなたが思っている以上に競争率は高いです。また、待遇が良かったり、人気のある職種ですと、1人の採用枠に社会人も含めて50人以上の応募があることもあります。

他にも、条件が良い求人でも応募条件が不透明で、一つ一つハローワークの職員の方に電話で確認して貰う必要もあります。そして、実際に応募する際も、ハローワークで応募のための必要書類を貰う必要があるので…非常に面倒です。一応、自宅から応募はできなくても求人を事前に確認できますが、ハローワークに実際に足を運ばないと表示されない求人もあるので、結局時間を掛けて膨大な求人と睨めっこする必要があります。

そのため、私個人の意見としては、家の近くにハローワークがあるのでしたら、2週間に1回のペースで条件に合う求人があるか足を運ぶレベルで抑えて置く事をオススメします。

新卒、既卒、第2新卒の方でしたら、もっと効率がよく優良な企業の求人を扱っている就職サイトと紹介会社があります。そちらをメインの媒体にした方が、時間効率は圧倒的に良いです。

私も、少しハローワークを利用したことがあります。最初は求人の多さから、ワクワクしましたが…条件や応募条件が全く書かれていない求人票の多さと、休日日数が50日前後の求人が平然と書かれている現実、そして応募するのにハローワークに足を運ぶ必要があることから、すぐに利用を止めてしまいました。

若い人は、素直に若い人向けの就職サイト、紹介会社を利用する事をオススメします。

ハローワークよりも競争率も低いですし、キャリアコンサルタントもハローワークの職員よりも熱心にサポートしてくれます。

そのため、ハローワークはあくまでも一つの媒体として、補助の一つとして活用しましょう。

⇒オススメの20代転職サイト一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加