既卒の面接で絶対に質問される既卒になった理由の答え方

ac11

既卒として就職活動をする上で必ず聞かれる質問は、既卒として活動する経緯になります。

既卒で活動する方には避けて通れない質問である一方で、必ずされる質問とも言えるので、一番準備しやすい質問と言えます。上手く会話を繋げて納得して貰えれば評価を上げることもできますので、必ず対策をして置きましょう。

面接官の質問の意図

既卒として活動している理由を質問する面接の意図としては、『1年間新卒として活動しても内定が貰えなかったという理由なら何か問題を抱えているのでは?』という疑いを面接官が持っていると良く言われています。個人的には、正しくもありますが、深刻な程に疑われている訳ではありません。

何故なら一度も社会経験のない方を面接だけで問題を抱えているか否か確認するのは至難の技です。余程受かる気のない態度をする等をしないと『問題あり』という認定はされないと思います。

どちらかと言えば、この質問を通して納得できる回答、そして客観的に自分を分析できているかを確認されると思います。

身も蓋もないですが、コミュニケーション能力の確認とも言えますね…

絶対に質問されるだろう予測できる質問に対しても、しっかりと回答できないと、やはり就職活動を甘く見ていると思われるかもしれませんよ。

どのような答え方をすれば良いのか

0d76f901f97f1117b6e87e9b9b5958e6_s

必ずしも正しい答え方はありません。新卒時の就職活動のミスを客観的に評価した上で、既卒の就職活動に対する意気込みを述べるのも良いですし、公務員試験を失敗した、入院したといった理由も人によってはあると思います(嘘はダメですよ)。

多少は脚色してもよいですが、全てウソで塗り固めると必ずボロがでます。もし、完璧に嘘を貫いて、相手を納得させる力があるのでしたら、悩む必要もなく、あなたは既に内定を貰っています。

普通は、どこかでバレので止めましょうね。

特別な理由で既卒として活動している理由があるなら、それほど突っ込まれませんが、やはり新卒時に内定が貰えなかったとなると、自己分析の方法や、何故既卒で自社を選んだか等の理由を聞かれるので、志望動機に新卒と既卒時の就職活動に対する姿勢の違いなどを強調するようしましょう。

なお、少数ながらセオリー通りに既卒として就職活動をしている理由を聞くだけで、それほど突っ込んで聞いてこない企業もあります。逆に、就職活動がメディアで取り上げられている程改善されていない事に同情されることもありますが…同調しないでくださいね(笑 )。

既卒の面接は新卒程に採用方式が決まっていない

新卒の面接では、減点方式などで面接の選考を進める事もありますが、既卒の面接では余程の大企業でなければありません。

特に中小企業にとって一番大切なのは、一緒に働きたいと思わせることが大切です。

そのため、多少質問に対する回答に戸惑ったりしても、一緒に働きたいと思って貰えれば採用される可能性はあります。質問の回答も1対1でしたら、多少遠回りな回答でも納得して貰えれば大丈夫だと思います。むしろ、覚えてきたような回答を続けると落とされます。あくまでも、面接は会話のキャッチボールになります。

面接は、お互いの事を理解する場になります。新卒時と違い、足切りの面接は非常に少なく、企業側は良い人材は積極的に採用したいと思っていり傾向が強いです。

そのため、少し言葉が出なくなっても諦めたりしなようにしましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加