第二新卒の転職活動中に資格を取得するべきか

6f154d9a74891eef9565aadd157b28e9_s

雑誌や本などでも、よく一生食べていける資格や転職時に評価される資格等が特集として組まれることがありますが、資格の評価に関しては時代と共に移り変わるので、一生食べていけるような都合の良い資格はありません。

例としては、弁護士や公認会計士といった資格になりますが、少し前までは高年収が保証されていた資格になりますが、現在では就職先を確保する事さえ厳しい状態になっています。

また、資格の評価も、時代ごとに求められるスキルは移り変わって行くので何とも言えません。一番注意すべきは、その時の資格の評価に合わせて取得を目指してはいけないことです。そもそも、資格が転職市場で評価されるようになったという事は、既に多くの方が資格を取得していることでもあるので、それ程メリットになる訳でもありません。

大切なのは、あなたがしている仕事、または将来的に目標としてしている仕事の糧となる資格かどうかです。

少し前でしたら、持っているだけで評価された資格もありますが、今では資格はあくまでも免許書のようなもので、それに付随した経験と実績がないと、あなたの実力を証明することはできません。

もちろん、資格がなければ仕事そのものができない場合でしたら、資格を取得する必要がありますが、もしそうでないのでしたら、仕事に直接関係ない資格の取得のために時間を掛けるよりも、第二新卒の転職活動に時間を割いた方が効率的です。

ただ、前述したように資格が、あなたのやりたい仕事の糧となるなら話は別です。仮に、資格を取得できなくても、仕事に対する熱意を補強する理由にもなります。

そのため、もし資格の取得を考えているのでしたら、あなたがしていきたい仕事に関わる資格を取得しましょう。まちがっても、資格の取得を先に検討して、仕事内容を決めるような事はないようにしてくださいね。

また、第二新卒の就職活動に限らずに、新卒と既卒にも言えますが、履歴書に仕事と関係のない資格を記載することはオススメしません。

理由としては、企業に対して自分の企業が第一志望ではないのか、他にやりたい仕事があるのではないかと言う疑念を持たせる可能性があるからです。そのため、もし仕事に関わる資格を持っていないが、履歴書の資格取得の欄を埋めたいのでしたら、当たり障りのない自動車免許やマイナス評価されにくい簿記検定などの資格を書くのに留めましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加