既卒の就職活動で妥協してブラック企業に入社してはいけない

9dacecf7edba8071a64e35f16f448678_s

既卒の就職活動で絶対にやってはいけないのが、内定が貰えないことに焦ってブラック企業と分かっているのに入社してしまう事です。

とりあえず入社して働きたい、就職活動を終わらせたいという気持ちは理解できますが、ブラック企業で働く事は、内定が貰えない日々を過ごすよりも辛い日々になります。

偶にニュースでブラック企業で働いている方が追い込まれて亡くなってしまう事件も取り上げられますが、それはほんの氷山の一角です。おそらく、ニュースに取り上げられるのは、あくまでも多くの人が知っている企業であり、中小企業から大企業まで、あなたが思っている以上に過酷な職場は多いです。

多少のブラックな職場環境なら我慢できるだろうという考えで入社すると余計な時間を使うかどころか、体や心を壊して転職活動ができなくなることもありますので注意しましょう。

ネットで事前に企業がブラックか否か分かるか

多くの方がブラック企業かどうか判断する際に使用するのは、ネットによる検索だと思います。中小企業の場合は、分からないことが多いですが、ある程度の規模の企業ですと、少なからず働いていた方の評価等が分かる事が多いです。

ただ、このネットの情報をどこまで重視するかで問題になります。

辞めた方が、鬱憤を晴らすために悪い評判を書いているだけと言う方もいらっしゃいますが、火のない所に煙は立たぬとも言いますので判断が難しい所です。

個人的には、企業の口コミや評判を書き込める専用のサービスに投稿されている内容は結構信頼度が高いです。何故なら私も利用したことがありますが、予想以上に投稿するのが面倒なシステムになっている事が多いからです。

おそらく、口コミを全てみるには、サイト登録する必要がある場合多いはずです。そして、サイト登録して口コミを全てみる条件として、登録者自信も口コミを書く必要があります。もちろん適当に口コミや評判を書く事もありますが、そこまでする方も少ないです。

1つの口コミ程度ではブラックか否か判断するのは、難しいですが複数がの投稿があり、内容が似ていたら信用度が高いと思って良いでしょう。

そのため、選考が進む中で、もしくは応募前の段階で、検討している企業にブラックな噂が付きまとっているのでしたら一旦よく考えてみましょう。もし、選考中でしたら、面接時に忘れずに残業や有休の消化率など聞いて置きましょう。

残業があるかどうか一番判断しやすいのは、夜遅くに会社に対して電話して、電話を取るか確認してみることです。気になるのでしたら、非通知で一度夜に電話してみても良いと思います。

私自身も既卒として就職活動していた経験があり、内定が貰えない日々が続くと、選考を受けている企業のブラックな噂に鈍感になりがちになり、単なる噂だろうと誤魔化すようになった記憶があります。周りの人の制止と、ネットの情報を冷静に判断できる思考がギリギリあったので、ほぼ確実なブラックに入社するのを思い止まった経験もあります。

正直、今思うと本当に追い詰められていたと実感しています(笑 )

ただ知り合いのブラック企業に勤めていた知り合いの話を聞くと、既卒の就職活動で内定が貰えないよりも遥かにブラック企業の仕事の方が辛いと断言できるので、絶対に早計な判断はしないでくださいね。

※もし、既卒の就職活動に悩んでいるのしたら下記の記事を参考にして頂ければ幸いです。

⇒既卒の就職活動で内定を貰う方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加