中小企業が既卒をターゲットに採用活動をする理由

customer-563967_640

最近は、中小企業が既卒をターゲットに就職活動するが多くなってきています。

理由としては、

・内定辞退のリスクが少ない

・すぐに就職して貰える

・採用活動の費用と時間を抑えることができる

・簡単に離職しないのではという期待

以上が中小企業が既卒をターゲットにして採用活動をしている理由となります。

新卒の場合は、内定を出しても、大企業に引き抜かれるリスクが常に付きまといます。そのため、採用単調者は内定辞退を予測した上で進める必要があり、予想以上に内定辞退者が多くても少なくてもコストが掛かります。

また、新卒の就職サイトに求人を掲載すると費用が掛かるのも確かですが、何よりも応募が殺到すると、採用活動をするのに時間と人材が割かれてしまいます。

その上内定辞退等が進むと、再度求人を再開する事も視野に入れる必要があるので、中小企業にとっては大きな負担になります。

一方で既卒の場合は、新卒と違ってすべり止め感覚で受ける方が少なく、入社を前提にして面接を受けている方多いですし、内定後から入社までの期間が短いので内定辞退のリスクが少ないです。

仮に内定辞退があっても、新卒のように入社前に辞退されるようなリスクも少ないです。

応募数に関しては、掲載する就職サイトによって変わってきますが、既卒をターゲットにした就職サイトや紹介会社でしたら、新卒の就職サイトを利用するよりも、費用も時間も取られずに済みます。

中小企業の中には、大企業と違って、採用の人数のノルマ等がないこともあり、良い人材が入れば採用したいと思っている企業も存在します。そのような、企業の場合は紹介会社等を利用して、志望度の高い人材だけに絞ることもあります。

そのため、内定を獲得する難易度も高いですが、信頼できる紹介会社を選べば、内定までの難易度が少し高い反面、働きやすい環境を整えている優良企業である事が多いです。

また、良い人材が入れば採用したいという事は、面接による減点法式による足切りなどありませんし、応募者も少ないため、時間をたっぷりと使って面接して貰えます。

新卒の面接のように限られた時間で質疑をすることが苦手な方にはオススメと言えます。

ただ注意点としては、当然ですが中小企業にもブラック企業も存在します。ブラック企業としては、働けない事に焦っている既卒者をターゲットに人材を集めようとしているいるのです。そして、就職サイト、紹介会社関わらずにブラック企業は存在します。

紹介会社の場合は、名前も知られていない企業を取り扱っている事が多いので、ブラック企業が混じっていてもネットの情報では判断しにくいです。

そのため、紹介会社の体制そのものに注意しましょう。

私の体験では、一度もキャリアコンサルタントと面談がなかったり、一方的に求人や説明会の情報を知らせてくる紹介会社が危険です。また、電話を頻繁にして応募を強制してくる場合も注意しましょう。

信頼できる紹介会社の場合は、あなたの条件を満たす求人が無い場合は、先に条件を緩くするか、そのままの条件で進めるか聞いてきます。もしくは、求人が見つかるまで放置されます。

逆に、質の悪い紹介会社は、条件を満たさない求人も積極的に紹介してくると思いましょう。

検索就職サイトに関しては、ネットに引っかかる企業が多いですし、求人の内容を見れば何となく危険な求人は分かると思います。

ただ、それでも求人が絶対に信頼できる訳ではないので、ある程度のリスクは覚悟しましょう。

なお、私のオススメの紹介会社としては、『いい就職.com』になります。

WS000065

私も利用したことがありますが、給料は平均的ですが、休日や福利厚生が非常に整っている中小企業が多いです。ただ、一度は支社に足を運んでキャリアコンサルタントと話す必要があります。

もし、興味がありましたら↓の記事で別途詳しく説明しているので、参考にして頂ければ幸いです。

⇒既卒・第二新卒専用の紹介会社いい就職.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加