既卒は大学卒業後3年間新卒として扱われるのか

silhouettes-68483_640

既卒の方でも大学卒業後の3年間は新卒として扱われるとされていますが、実際に既卒として就職活動を始める方は、本当に新卒として活動できるのか心配になると思います。

まず、最初に結論だけ述べて置くと、残念ながら既卒の方は卒業してしまうとう既卒として扱われる事が多く、例え卒業後3年以内でも新卒としては扱われる事は少ないです。

おそらく、求人の募集条件の箇所を見ると良く分かると思います。

新卒専用の就職サイトの求人の募集条件の欄は、新卒の方募集ではなく、『201○年卒業予定の方のみ応募できます』と書かれている事がほとんどです。

そして、この募集条件に『大学卒業3年以内の方も応募できます』と記載されてなければ基本的には新卒用の就職サイトでは応募できないと思った方がいいです。

新卒専用の就職サイトで、既卒の方の応募ができるようにしている理由は、国が卒業後の3年間は新卒として扱うという方針をだしているからです。

企業自体は、新卒用の就職サイトを利用して既卒を基本的に採用することは滅多になく、取り敢えず国の方針に合わせることで、既卒の方も応募できるようにしている事が多いです。

そのため、新卒専用のマイナビ、リクナビ等を利用して既卒の方が就職活動をする事はオススメしません。

既卒の就職活動の方法

create-865017_640

手段としては、既卒の方でも利用できる転職サイト、または既卒をターゲットにした就職サイトと紹介会社を利用することがオススメです。

リクナビNEXTといった転職サイトは、既卒の方の登録もでき、既卒の方が応募できる求人も数は多くないですが存在しています。

まだ、どの企業にも染まっていない若年者の方は企業にとっては価値がある人材でもあります。そのため、新卒の就職サイトといった競争率の高い中で就職活動をするよりもスムーズに就職活動ができることもあります。

また、既卒や第2新卒を対象にした就職サイトもありますが、新卒の方も応募できる事が多いですし、求人もブラックな傾向が強い企業が多いです。ただ、求人の中には大手の有名企業が緊急で人材を補いたいために求人を出すこともあります。

企業にとっての既卒の利点は、内定辞退が少ない事と、すぐに企業に就職して貰えることでもあるので、新卒でも就職しにくい求人が偶に掲載される事があります。

そして最後の紹介会社は、利用した事がない方の方が多いと思います。簡単に言えば、求職者に紹介会社が取り扱っている求人を紹介する企業になります。

言い換えれば求職者と企業の橋渡しのような存在です。メリットとしては、紹介会社は一つの求人を複数の方に紹介せずに、企業と求職者の条件がマッチしているのみ求人を紹介します。

そのため、比較的に競争率は低いです。また、優良な紹介会社には、それだけ優良な企業が求人の依頼をしますし、ブラックな求人は取り扱わないので、安心して就職活動ができます。

ただ、なかには利益優先主義の悪質な紹介会社も存在しており、不特定多数の登録している求職者にブラック色の濃い求人を提案することもあります。

そのため、紹介会社を利用する場合は、信頼できる紹介会社を利用しましょう。

私のオススメとしては、既卒の方をターゲットにしている紹介会社で、信頼と実績がある『いい就職.com』になります。

もし、興味がありましたら、別の記事で詳しく説明説明しているの、↓からどうぞ

⇒既卒・第二新卒専用の紹介会社いい就職.com

既卒の就職活動に絶対に正しい方法はありませんし、どれか一つの媒体だけ利用するにもチャンスが狭まるリスクがあります。

番使いやすい、または信頼できる就職の媒体をメインとしては、他の就職サイトは補助として使用すると良いでしょう。

⇒オススメの20代転職サイト一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加