第二新卒の空白期間の説明方法

puzzle-693870_640

第二新卒の方で空白期間がある理由としては、単純に転職活動が長引いているといった理由以外にも、退職後に少し暇をとった、または入院していた等の理由が多いかもしれません。

個人的に言えば、既卒よりも第二新卒の空白期間が長い方が転職活動に悪影響を与える可能性が高いです。

一般的に空白期間が転職活動に悪影響を与えない期間は、退職後3ヶ月と言われています。

ブラック企業に働いていて少し休みたいと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、転職活動が長引くと余裕が段々となくなっていくので、早めに転職活動を始めましょう。

できれば、退職する前に求人を絞っておいたり、興味の持った求人に応募等をしているとスムーズに転職活動をすることができます。

転職活動はモチベーション維持するのが結構難しいですし、なかなか転職先が見つからないと焦り始めて、ブラック企業に間違えて入社するリスクも高くなります。そのような事の内容に早めに行動しましょう。

もし、既に焦っている状態でしたら、自分一人で頭を抱えずに、信頼できるブラック企業を取り扱っていない紹介会社等を利用して、求人を紹介して貰うの一つの手段です。

※詳しくはコチラの記事をどうぞ ⇒第二新卒の需要と内定を貰う成功方法

空白期間の説明方法

ただ、既に空白期間が3ヶ月以上過ぎているのでしたら、何らかの理由を考える必要があります。

あまり空白期間が長いと、計画性が無い人間だと思われたり、退職後遊んでいたのではと思われる可能性があります。

体調不良などで休んでいた場合は、率直に話せば理解されるかもしれませんが、今度は体調不良を起こしやすいでのはと思われるので、個人的にはオススメできません(事故などによる入院は別です)。

個人的にオススメなのが、志望動機に結びつけることです。

大雑把に言えば、空白期間の間自分が何をしたいかアルバイト等をしながら自己分析をしていたと言った後で、面接を受けている企業に対する志望動機を述べる事です。

そして、今度は絶対に企業を中途半端に辞めないために、本当にやりたい仕事ができる企業のみを探している事から転職活動が長引いていると言えると…納得してくれるかもしれません。

残念ながら、後は志望動機の本気度と面接官にもよるので何とも言えません。

他にも、空白期間中に転職を希望している企業の仕事に関わる資格等を取得、または勉強しているだけでも説得力はでてきます。アルバイトも同様に、転職先と同じ業界ですと説得力が増します。

最低限でも、空白期間を無駄にしていなかった事だけでも伝えられるようにしましょう。

※上記の回答は、あくまでも一例になります。大切なのは、空白期間を抽象的な言葉ではなく、具体的な説明で述べられる事です。

⇒オススメの20代転職サイト一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加