第二新卒 仕事を辞める前に転職先を見つけるべきか

PAK86_nayamubiz20131223500-thumb-815xauto-4605

仕事を辞める前に転職活動を始めるか、それとも退職して集中して転職活動を始めるかを悩む方は非常に多いです。

私自身の考えとしては、有給休暇などが自由に使えるなら、有給を使い切るまででしたら、働きながらの方が良いでしょう。

会社の面接の多くは、平日に実施されるので、面接日に休める環境であることが、働きながら転職活動ができる前提です。

逆に、できないのでしたら退職して辞める以外の選択肢しかありません。

また、働きながらの転職活動ですと、転職活動に上手く時間が割けない事もあります。

特に無理して辞める必要がないのでしたら、長期戦に持ち込んでも良いですが、長期的に働ける職場環境でないのでしたら、ある程度区切りを決めて、退職した後に転職活動に集中するのも一つの手段になります。

ただ、生活資金がある程度ないと退職するのにはリスクがあるので、最低でも3ヶ月程度は稼ぎなくても過ごせる貯金を蓄えた上で退職するようにしましょう。

退職後に転職活動を始める

一番のメリットは、転職活動のみに集中できる点です。仕事と両立する必要がないので、体力面でも楽になりますし、面接の日程調整する必要もありません。そのため、働きながら転職活動するよりも、多くの求人に応募することができるので、チャンスも広がると言えます。ただ、唯一の難点としては、生活資金に限りがあるので、転職が上手く進まないと少しずつ追い詰められていきます。

追い詰められていくと、少しずつ転職先に対する条件も下がって行き、最終的には何処でも良いといった考えになります。そうなると、ブラック企業に間違えて転職してしまう可能性も上がります。

第二新卒の転職で、ブラック企業に転職してしまうと職歴の事を考えると、流石に簡単に辞めるのに躊躇が生まれると思います。

そのため、退職した後は、のんびりと時間を過ごすのではなく、モチベーションが高い内に転職先を見つけるようにしましょう。

私個人の意見になりますが、退職する前に、ある程度求人の目星や紹介会社の面談等をは済ませて置くとよいです。

簡単に言えば、応募したい求人を事前にピックアップしておいたり、紹介会社から非公開求人等を受けられる状態にしておくと良いでしょう。

そうすれば、退職後にスムーズに面接まで進められる可能性が高いです。

転職のために辞める前に、出来る範囲の活動は済ませて置くと、退職後に余計な時間を使わずに転職活動ができますよ。

もし、第二新卒の転職活動について詳しく知りたい方は『第二新卒の需要と内定を貰う成功方法』の記事も参考にして頂ければ幸いです。

⇒オススメの20代転職サイト一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加